外壁塗装で家が見違えるほどきれいで素敵になりました!

サイトマップ

外壁塗装のすゝめ

外壁塗装は、信用できる塗装業者に依頼

外壁塗装は、比較的手抜き工事がし易い工事です。それは、塗装工事してしばらくは工事が正当に行われたかどうかは、素人にはわかりません。それゆえ手抜き工事がいつまでも横行するのです。
その手抜き工事の手口は昔も今も変わりません。塗装する前に外壁の汚れや錆をすべて除去しなければいけないのに、それを簡単に済ませ塗装してしまうのです。塗料に決められた以上の溶剤を入れて、塗料の使用量を減らしてしまいます。見積り通りの塗料や溶剤を使用しないで、安い塗料や溶剤を使用します。原則として下塗り、中塗り、上塗りと3回塗装しなければいけないところを2回で済ませてしまいます。養生と言って塗装の匂いやミストと呼ばれる塗料カスがお隣の家屋や駐車している車に付着しないように外壁に沿って足場を鉄パイプを使って構築しそこにビニールシートを張らなければいけないのに、それを省略してしまいます。
ローラーや刷毛で塗装するはずが簡単な作業で済む吹付塗装で済ましてしまいます。などなど外壁塗装の手抜きの手口の一部を紹介しましたが、素人にはなかなかわからないことが多いです。素人にもできる手抜き防止法は、下塗り、中塗り、上塗りの塗料の色を変えることを見積もりに明記する方法などがありますが、一番は地元の歴史のある信頼できる業者に発注することです。余りに安すぎる見積もりは要注意です。

TOP